読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TV雑誌が語らない!置き換えダイエットの正しいやり方と選び方

巷では、酵素ダイエットと呼ばれる置き換えダイエットが人気です。天然由来のミネラルやビタミンを豊富に含み、健康補助食品として優れたものであることは間違いありません。しかし、多くの人は、なぜ、酵素食品を使うのかを理解していないまま、コマーシャルや企業の言われるまま、ダイエットを行っている現状もあります。当サイトでは、置き換えダイエットに関して、実際にダイエットを続けてきた経験と、科学的な考察を介して、理想のダイエットに迫ってみようと思います。

置き換えダイエットの前にやっておきたい準備:記録をつける

f:id:eigoonline:20161022010156j:plain

理想体重、あるいは理想とする体脂肪率に到達できないのは、理由があります。

基本的に太ってしまうのは、次の様な要因が大きいと思います。


・食事の量が多い。

・食事の際の食べる速度が速すぎ、つい食べ過ぎてしまう。

・間食をしている。

・食事の質が高脂肪、高炭水化物になっている。

・体を動かしていない。


恐らく、上記のどれか、あるいは複数に合致していると思います。まず、ダイエットをする前にしなくてはならないのは、自分の食生活と、運動量の認識です。

 

置き換えダイエットでは基本的に食事を抜くことでカロリー量を調節しますので、食生活の改善をしなくても良いとお考えになるかもしれません。

 

しかし、根本的な問題は、食生活と運動量に問題がありますので、この二つについて、何が問題か認識しない限り、置き換えダイエットをやめたとたんに太り始めます。

 

それを防ぐためにも、是非、問題点を洗い出しましょう。

 

まずは一週間、自分の行動をメモしてみる。

すぐにダイエットに入りたい気持ちをぐっと抑え、置き換えダイエットを始める前に、自分の行動をメモしてみましょう。

 

何を食べたのか、どんな運動をしたのかをメモします。

箇条書きで十分です。

 

また、口にしたものは、水やお茶、コーヒーに至る迄、すべてメモります。
面倒なら、スマホの写真を撮る習慣を。

 

食べたものに関しては、1日の終わりにでも、概算カロリーを出してみましょう。概算カロリーを実際に調べて出すことによって、自分の現在の摂取カロリーの把握が出来ます。

 

概算カロリーは、Googleなどで調べることが出来ます。

「食材の名前」 カロリー

や、

「料理名」 カロリー

で、検索すると、調べられます。

コンビニ食などをしている方は、ラベルを控えておきましょう。

また、その時にメモを取るのが面倒な時は、スマホのカメラを使うと記録がすぐ残せて便利です。あとは、その写真を見て、カロリー量を調べます。

 

また、通勤、通学の際の徒歩での移動距離などを改めてメモしてみましょう。

 

一週間だけでも記録してみると問題が見えるはず

太る原因は、摂取カロリー>消費カロリーになってしまっていることなのですが、問題は、当事者がその原因を認識していないことにあります。

 

このくらいは別に良いだろうと思っている感触が意外とカロリー量が多くてびっくりされる方は多いです。

 

例えばポテトチップスのようなスナック菓子は非常にカロリーが高いですし、ドーナッツやポテトフライなど、調べるとびっくりするような食品は多いです。

私が過去に調べてびっくりしたのはインスタントの焼きそばでした。

 

とにかくダイエット中の間食は基本的に禁止ですが、目標体重に達してからも、間食はしない食生活に切り替える工夫をしたほうが良さそうです。

 

また、ドカ食い傾向など、食べた品目と食事に費やした時間を記録するのも良いかもしれません。 これも、食べ始める時と、食べ終わった後を写真にしておくと記録が取れますね。

 

まずは一週間、続けてみましょう。

自分の食生活の傾向を把握して、コントロールする助けとなるはずです。