読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TV雑誌が語らない!置き換えダイエットの正しいやり方と選び方

巷では、酵素ダイエットと呼ばれる置き換えダイエットが人気です。天然由来のミネラルやビタミンを豊富に含み、健康補助食品として優れたものであることは間違いありません。しかし、多くの人は、なぜ、酵素食品を使うのかを理解していないまま、コマーシャルや企業の言われるまま、ダイエットを行っている現状もあります。当サイトでは、置き換えダイエットに関して、実際にダイエットを続けてきた経験と、科学的な考察を介して、理想のダイエットに迫ってみようと思います。

正月太りを防止するには置き換えダイエットで

f:id:eigoonline:20170101093711j:plain

明けましておめでとうございます。 お正月ですね。

おせちを食べたり、お酒を飲んだりと、ついつい食べ過ぎ、飲み過ぎをしてしまうしてしまう期間です。

ダイエットは三が日を過ぎてからという方も多いのではないでしょうか。

私はその方が変にストレスを溜めない良いと思います。

しかし、ドカ食いだけには気を付けましょう。

ドカ食いは習慣として残ると厄介ですので、決してドカ食いだけはしないと誓って三が日を過ごしましょう。


食べ過ぎたら、置き換えダイエットで調整!

そうはいっても三が日は家族との団らん、お付き合いと、3食みっちり食べないといけないかも知れません。

置き換えダイエット中にはちょっと辛い時期なのかもしれません。

しかし、そこでストレスをためるよりは、割り切って三が日の食事を楽しみましょう。(ダイエットの事を忘れない程度に、ですが。)

でも、食べ過ぎた時はどうしましょう?

そんな時は、1週間の合計カロリーで調整するか、1か月の合計カロリーで調整しましょう。置き換えダイエットを駆使すれば、簡単です!

なので、大丈夫です!!


出来たら食物繊維を取りましょう!

ただ、置き換えダイエット停止中の際は、是非、ハイファイバーダイエットの考え方を取り入れましょう。

ハイファイバーダイエットとは、米国のマサチューセッツ大学医学部(University of Massachusetts Medical School)のYunsheng Ma准教授他による研究で、食物繊維を多く摂る食生活をしていたグループは、高度にカロリーコントロールした群と比べてもわずかに劣る程度だったという研究結果から、食生活を「ハイファイバー」にして、ダイエット効果を期待するという物です。

こちらがそのジャーナル記事です。

http://www.brood.net/public/publicaties/artikelen/single-component-versus-multicomponent-dietary-goals-for-the-metabolic-syndrome-a-randomized-trial.pdf

さて、最近では様々な食物繊維製品が売られています。

Amazon CAPTCHA:←食物繊維で検索

 

中にはスティックタイプのパウダーとして簡単に持ち歩けるものもあります。こうしたものをドラッグストアで買って、持ち歩き、食事の際に飲み物に溶かして飲んだり、錠剤として呑んでハイファイバーダイエット効果を期待してみてはいかがでしょうか?


三が日が明けたら、置き換えダイエットを効果的に!

三が日が明けたら、間髪を置かずに食生活を正常に戻しましょう!

なるべく、間をあけずに正常に戻すのが重要です。

もし、食べ過ぎていたと思うなら、カロリーのコントロールをしましょう。

既に一日二食にしている方は、普段、あまりコントロールしていない夕食のカロリーをコントロールするのも一つの方法です。

あるいは、正月休み明けの最初の土日に1日ファスティングを試みるのも良いかもしれません。ファスティングとは絶食の事ですが、24時間絶食するのです。

金曜日の夜を食べないで、次の夕食まで基本的には何も食べないという構成が楽かもしれません。

水分の補給はきちんとするようにしてください。また、完全な絶食ではなく、ミネラルやビタミン補給に酵素ドリンクを摂るも良いかもしれませんが、紅茶に黒糖とレモンを絞ったものでも十分に代用できると思います。(24時間の事ですので!)

絶食明けの夕食は、軽い食事にしたほうが良いですね。

ただ、絶食は、極端に低血糖になる可能性がありますので、現在、通院していたり、継続的に服薬している方、妊娠中の方、糖尿病の方や体調のすぐれない場合、中学生以下の方、ご高齢の方は必ず専門医とご相談のうえで行うようにしてください。

また、どうしても気分が悪くなった時の為にファスティング中は基本的に外出せず、静かに過ごしましょう。 

冷蔵庫の中には、オレンジジュースを完備して、低血糖で気分が悪くなった時に備えましょう。

では、良いお正月をお過ごしください。 

本年が皆様にとって良いお年でありますように!

本年もよろしくお願いいたします。