TV雑誌が語らない!置き換えダイエットの正しいやり方と選び方

巷では、酵素ダイエットと呼ばれる置き換えダイエットが人気です。天然由来のミネラルやビタミンを豊富に含み、健康補助食品として優れたものであることは間違いありません。しかし、多くの人は、なぜ、酵素食品を使うのかを理解していないまま、コマーシャルや企業の言われるまま、ダイエットを行っている現状もあります。当サイトでは、置き換えダイエットに関して、実際にダイエットを続けてきた経験と、科学的な考察を介して、理想のダイエットに迫ってみようと思います。

置き換えダイエットをしない方が良い人とは? 注意点と危険回避の方法

f:id:eigoonline:20161227234511j:plain


短期間にダイエットを成功させるのには、置き換えダイエット(断食ダイエット)が有効です。この事に関して、私は強い信念を持っています。しかし、置き換えダイエットは、1食分、あるいは2食分をかなり低カロリーな食事と置き換えるため、健康の為に注意が必要です。

特に多忙だったり、一人暮らし等で既に毎日の食生活が偏りがちの方が置き換えダイエットを行うと、必須栄養素をきちんと摂ることが出来なくなる可能性があります。せっかくダイエットしても、健康を損ねたら意味がありません。毎日の食生活を見直して、健康的に理想のボディメイキングを致しましょう!


置き換えダイエットをしてはいけない食生活とは?

置き換えダイエットは、毎日の食事総量が減る為、ビタミンやミネラル、アミノ酸、そして、食物繊維やタンパク質等、様々な栄養素が不足しがちになる特徴を持っています。ですから、置き換えしない正常の食事のバランスが偏っている方が置き換えダイエットをすると、必要な栄養素が摂れなくなる可能性があります。

具体的に言うと、コンビニの弁当やインスタント食品などを主体に生活をしている方や、偏食がきつい方が置き換えダイエットをするとただでさえ栄養が偏っている生活が、より偏ってしまう事になる訳です。

総合ビタミン剤を摂るから大丈夫と思われる方も多いですが、ごく微量のマイナーな栄養素などが体のバランスに重要な役割を果たしていることも多く、そのすべてをサプリメントで摂ることは難しい事ですし、お勧めしません。

理想はきちんと栄養バランスを考えていろいろなものを摂ることです。どうしてもコンビニのお弁当などが主体になる場合は、少しでも多く品目が取れ、栄養が偏らないような選び方をしてください。

置き換えダイエットをするときは、置き換え食品にこだわることも大事ですが、それ以上に、通常の食事が重要です。食事の栄養バランスを見直し、健康的な食事をするようにしてください。


健康的な置き換えダイエットをする際の食事(夕飯)とは

このブログでは置き換えダイエットは、昼食、または朝食時に行う事をおすすめしています。 なぜなら、夕食は私たちの食生活の中で社会的、精神的に、最も重要とされることが多いからです。

ダイエットは続けることが最も重要です。そのためには、ストレスをなるべく感じないようにすることが重要です。ですので、置き換えダイエットのプログラムを行う際、夕食では好きなものを食べることをお勧めしています。

しかし、栄養のバランスが崩れやすい事を考え、特に野菜類を多く摂ることをお勧めします。また、朝食などで新鮮な果物やヨーグルトなどを摂るのはどうでしょうか? 

置き換えダイエット時に10食品群を摂る

バランスのとれた食品群として、10食品品群の内、1日の合計で9食品以上を摂ることが推奨されています。

1)肉類
2)魚介類
3)卵、卵製品
4)牛乳・乳製品
5)大豆・大豆製品
6)海藻類
7)いも類
8)果物
9)油脂類
10)緑黄色野菜

上記のような食材を、バランスよく食べるという物です。 これらを一日ですべて摂るようにするのは中々大変です。しかし、置き換えダイエット食と普通の食事をよく考えてバランスの良い栄養を摂ることが成功するダイエットには重要です。

むしろ、ダイエット期間中に、食生活の見直しをすることをお考えになるのはいかがでしょうか。

NHKためしてガッテンで配布されている10品目群チェックシートが便利ですので、試してみてはいかがでしょうか?

10品目群チェックシート(こちらがお手軽です。)
http://www.nhk.or.jp/kenko/choice/pdf/160430.pdf


10食品群シートA3用_2.indd
http://www9.nhk.or.jp/gatten/pdf/10hinmoku.pdf


置き換えダイエット時の炭水化物制限食との併用に関して

より効果を求めて、炭水化物制限食と置き換えダイエットを組み合わせる方もいるかと思います。その際は、極端なカロリー不足にならないようにしてください。ただ、私の経験では、ダイエット食のプログラムに慣れてくると、炭水化物を制限していた時の方がより空腹感や疲労感を感じなかったように思います。(あくまでも個人の印象です。)

上記の10食品群の内、7)いも類と、8)果物は、炭水化物ですので、まずは、主食のコメや麺類、パンなどを制限することから始めて、だんだんと炭水化物制限の範囲を広めていけば良いと思います。

私の場合、主食を制限した上で、いも類や果物をある程度制限するようにしましたが、それでもだいぶ効果があったと感じています。重要な事は継続ですので、まずは続けられることがもっとも重要です。


まとめ

私はダイエットに関しては玄米ダイエットから入った為、まず最初に食生活の改善がされました。そこに更にダイエット効果を追求すると、炭水化物制限食や、置き換えダイエットのような事で、短期的な効果を得ることが出来ました。

ただ、私の場合、通常の食生活がかなり健康的にバランスが良い食生活をしているため、置き換えダイエットなどをしていても全く体調や肌などに影響が出ませんでしたが、もし、そもそも食生活に偏りのある方が安易に置き換えダイエットをしては健康を損なう危険があります。

痩せることも大事だと思いますが、健康はもっと重要です。栄養バランスにはくれぐれも気を付けてください。